注目キーワード

『プルーフ・オブ・ライフ』でメグ・ライアンを取材したライターが総ツッコミ!

自分が映画専門のライターだった頃、メグ・ライアンに取材したことがあります。

みじめん
やおら自慢ね。

とはいえ、ショボすぎる自慢です。『プルーフ・オブ・ライフ』(2001)の映画祭用のコメント取り。アクセスに目がくらみタイトルには入れてみたけど、あれが取材と言えるのかどうか。いや、言えやしまい。


プルーフ・オブ・ライフ  (字幕版)

内容よりも、メグ・ライアンがラッセル・クロウと不倫した映画として有名になった『プルーフ・オブ・ライフ』。

実際に観たことある人少ないんじゃないかと思いますが、言っておくとコロナ自粛で疲弊気味のあなたにこそ、おススメ!

武装組織に旦那が誘拐されるというキツイ話ですが、メグのライトな演技のお陰で、重苦しさは感じません。

けれど、テーマがテーマだけに適度なハラハラ感は味わえます。

エンタメとして大変よい案配かと。

みじめん
けなしてるようにしか聞こえないけど

そのように聞こえるかもしれませんが、見直してみて私は十分楽しめました。

というわけで、今回は『プルーフ・オブ・ライフ』のレビューと、私同様ミーハーなあなたのためにメグ・ライアンに5分くらい会った話を少々。

スポンサーリンク

『プルーフ・オブ・ライフ』の取材裏話

ゆうばりファンタ用にメグ・ライアンのコメント取り

引っ張るほどの話ではないので、メグ・ライアン取材の話を先にします。

ずいぶん前になりますが、ゆうばりファンタスティック映画祭で『プルーフ・オブ・ライフ』を上映しました。映画祭ですから監督や俳優が舞台挨拶することも多いのですが、メグが夕張に来るはずもない。

なので、映画のプロモーションで来日した際にコメント取りをお願いしました。

コメント取りというのは、なぁに、大したことはない。

「皆さん、こんにちは!メグ・ライアンです。私は今回、『プルーフ・オブ・ライフ』という映画に出演しました。この映画はーーうんぬんかんぬん、うんぬんかんぬんで皆さんにも楽しんで頂ければ幸いです。ユウバリのみなさん、ドウモアリガト(最後のみ日本語)!」

みたいなやつ。
スタッフがあらかじめ、コメントを書いておいてメグに読み上げてもらうだけ。

みじめん
本人が考えたわけじゃないの!

何を今さら。
スターというもの、他人のコメントを自分のコメントのように読み上げてナンボのもの。

そもそも当たり障りのないことしか言ってないでしょう。とはいえ、紙を見ながら話すのはおかしいのでその場で覚える必要はある。

でも、覚えられないこともある。

そういう場合は、テキトーに本人がアドリブで話す。以上。

スポンサーリンク

メグ・ライアンと交わした「ハローグッバイ」

ところで、『プルーフ・オブ・ライフ』のプロモーションですが。
メグ・ライアンは自家用ジェットで日帰り東京でした。午前中に記者会見、午後は個別取材。夜には帰るみたいなスケジュール編成。観光はゼロです。

確か、新宿のパークハイアットだった気がします。今もそうなのかな。ハリウッドスターの取材は高い確率であそこだった。

パークハイアットの1フロアを貸し切って、それぞれの部屋でマスコミが待機してるわけですよ。

1101号室には映画雑誌のどこどこ、1102号室にはファッション誌のどこどこ、1110号室には情報番組のどこどことか、そのフロアーには宣伝担当者とマスコミ関係者しかいない、みたいな。

みじめん
全室をメグが端から端まで順番に尋ねていくと

その通り。
各マスコミ媒体の持ち時間は10分から長くても20分くらいだったんじゃないでしょうか。今思うに、取材時間を振り分けて進行していく宣伝マンは大変だったでしょうね。胃が痛くなりそうです。

みじめん
コメント撮りだけならすぐ終わるでしょ

われわれのチームはすぐ終わりました。この時、覚えているのはコメントの紙を見たメグが「ユウバリのミナサン(日本語)」は言いにくいので「ドウモアリガト(日本語)」だけでもいい?と聞いてきたこと。

構いませんよ、となったのですが、メグは結局「ゆうばりの皆さん」も日本語で言った。リハーサルなんかなし、カメラ回していきなり本番コメント一発撮りです。で、5分足らずで彼女は去っていった。プロですね。

なお、この時、メグと私が交わした会話は以下。

メグ「ハロー!」
私「ハロー!」
メグ「グッバイ!」
私「グッバイ!」
みじめん
確かに取材とは呼べまい

メグ・ライアンが飲み屋のママみたいで軽くショック

とはいえ、『恋人たちの予感』以来のファンだったわけです。

 

関連記事

「メグ・ライアン」で検索すると、ずらっと並ぶのは「劣化」とか「整形のなれ果て」みたいな記事ばっかの今日この頃です。 だけど、私はめちゃくちゃナチュラル(それが整形の産物だったとしても)で、可愛らしかった時代をよく知っているわけです。こ[…]

IMG

あの可愛らしい人を間近に見ることができるなんて!同じ空間にいられるだなんて!みたいな興奮はあった。単純に嬉しかった。

ですがね。
本当のこと言うと、スクリーンの中の印象とはちょっと違いました。メグ・ライアン、可愛かったです。

でも、姉御肌みたいなタイプに見えました。

コメントの時、足組んでたし、場仕切りも上手で、ものすごーく誤解を招きそうなことを言えば、飲み屋のやり手ママみたいな感じ。


ニューヨークの恋人 (字幕版)

みじめん
↑時期、同じだよね?こんなに可愛いのにやり手ママ!

考えてみれば、ブレイクのきっかけになった『恋人たちの予感』しかり、トム・ハンクスと共演した『めぐり逢えたら』にしても『ユーガットメール』にしても、しっかり者というか、気の強い女性役だったし。


ユー・ガット・メール (字幕版)

でも、姉御肌・・・・・・とはちょっと違うしなぁ。隣の女の子みたいなキュートなイメージだったよなぁ。

だけど、実年齢はあの時、既に40歳くらいだったからなぁ。

松田聖子も未だにフリフリ服似合うけど、喋ると飲み屋のやり手ママみたいになります。聖子ちゃんツアーの時に私は発見してしまった。


Pre 40th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2019 “Seiko’s Singles Collection”(通常盤)[DVD]

つまり、海千山千超えてくるとそうなるのか? 自然な年の取り方なのかもしれません。

スポンサーリンク

問題の『プルーフ・オブ・ライフ』は?自己流あらすじとネタバレ

この記事、ここで終えてもいいような気がしてきましたが、せっかく見直したので『プルーフ・オブ・ライフ』のレビュー書きます。

ホイットニーの『ボディガード』と被るキャッチコピー

みじめん
『プルーフ・オブ・ライフ』は、どんな話?

人物関係を俳優名で整理した方が早いかな。

メグ・ライアン 夫の仕事の関係で南米に滞在。
ラッセル・クロウ 人質事件専門の交渉人。
デビッド・モース メグ・ライアンの夫。武装組織に誘拐されてしまう。
みじめん
ラッセル・クロウがメグの夫を助けようとするわけだ
みじめん
2人の間にいつしか愛が芽生えるわけだ

まさにその通り。
公開当時のキャッチコピーは「男の使命、それは命をかけて守ること。ただし、決して恋に落ちないこと。」

既視感がありますね。
ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーの『ボディガード』(1992)。面白いかつまらないかといえば、割とつまらない。だけれど大ヒットしました。


ボディガード (字幕版)

確か、この作品のコピーも「命をかけて守ること。決して恋に落ちないこと」だったような。大スターとボディガードのロマンス映画でね。

だけども『プルーフ・オブ・ライフ』でこのコピーはちょっとズルです。

なぜなら、ロマンスかサスペンスかといえば、明らかにシリアスなサスペンス映画だから。色っぽいシーンは全体の3%くらい。二人が惹かれ合っている気配も実はあまり感じられない。

みじめん
バリバリ惹かれ合ってたくせに

そう、あなたのような下世話な観客に向けたコピーだと思うんですよ。

本作での共演をきっかけに「メグ・ライアンとラッセル・クロウが不倫」→「メグ・ライアン、デニス・クエイドと離婚」の既成事実ができたゆえ、こういう宣伝の仕方をしたのではないか。

薄汚くなるほど味が出るデビッド・モース(※メグの夫役)

実のところ、監督が描きたかったのはメグとラッセル・クロウの関係よりも、誘拐とか人質交渉のドラマであったと思います。それはもう完全に。

この作品の前後、『ビューティフル・マインド』でオスカーを受賞したラッセル・クロウもストイックな演技が良いです。


ビューティフル・マインド (字幕版)

ですが、メグ・ライアンの夫を演じたデビッド・モースはさらにいい。

冒頭、洒落込んだスーツでメグと痴話げんかしていた頃は何も感じなかったのに、人質となり、小汚くなればなるほどに存在感は増していく。いい俳優です。

悪環境の中、足ざっくり切って血まみれになったり、スネに竹がぐっさり貫通したり、なのに歩けて破傷風にならない不思議はあるけれど、それは彼のせいじゃないし。

みじめん
そうだね……。

実は顔は見たことはあるものの、この人の名前には覚えがありませんでした。

が、ショーン・ペンが監督デビューした『インディアン・ランナー』(1994)の主人公だった。


インディアン・ランナー [DVD]

こちらも骨太。当時、批評家に絶賛された本作、今はAmazonで★★★★★の嵐です。

人質交渉下、ラブコメディの女王然としたメグ・ライアン

みじめん
2人の俳優の演技はよかった
みじめん
で、メグ・ライアンはどうなの?

えーとね。

可愛いです、とっても。束感のあるクシャクシャとしたヘアスタイルを見るにつけ、「一生に一度くらいこんな髪形にしたいものだ」と思います。20年も前の髪形なのに。

夫を助けるためのミーティングに赴く時の、メグのカジュアル・コーディネートも可愛いです。ブーツ率も高くて。

シリアスな映画ながら、雑誌なんかの「映画のファッション特集」でも使えそうなこの衣裳は何なのか?

メグの瞳は相変わらずキラキラ、出るだけで画面がパッと華やぎます。

人質シーンは鈍い画面トーンなのに、彼女の周りだけ「テレビの国からキラキラ」。

夫が誘拐されたと知った時も、犯人からの電話があった時も、交渉が決裂しそうな時も、そこにいるのはラブ・コメディの女王です。

 

みじめん
つまり、まるでダメってこと?

映画の完成度からすると、ダメなんだと思います。
メグ・ライアンはめちゃくちゃ可愛い。だけど、取り立てて上手な役者ではない。それは彼女のチャーム満載の『恋人たちの予感』だってそうだったのです。

アンジーの『マイティ・ハート』と壮絶演技と比べるべくもないけど

ラッセル・クロウ(の役)との恋もケイト・ブランシェットあたりがやれば、結ばれないゆえの余韻が残ったのかもしれない。「命をかけて守ること。ただし、決して恋に落ちないこと」通りの作品になり得たかもしれない。

あるいは、アンジェリーナ・ジョリーが『マイティ・ハート』(07)で演じた、テロ組織に夫を人質に取られた女性。実話です。その気丈さが決壊するシーンとか、見ていてたまらないわけですよ。演技とは思えない。この後にメグ・ライアンを見るとペラペラのぺっらぺっらですよ。


ア・マイティ・ハート (字幕版)

だけどね。『マイティ・ハート』のアンジーの壮絶演技。もう一度見たいとは思いません。特に家では。特にコロナ自粛の今は。頼まれてもイヤだ!

『プルーフ・オブ・ライフ』が公開された2001年当時、テロ組織に人質を取られるのは正直、遠い国の話でした。

けれど、今のわれわれはISが起こした悲惨な事件の記憶もある。だからこそ、外国人が人質に取られるような映画は、そのテーマだけでもものすごく苦しいわけです。

夫が誘拐されたのにラブ・コメディの女王然というのは最悪のように思えます。

だけど、家で観る、特にコロナ自粛で疲弊している時には、メグのこのライトな演技こそ「最良なんじゃないか」と思ったりもするわけです。

みじめん
人質交渉のドラマとメグのキュートさを同時に味わえると

「ハロー」と「グッバイ」だけとはいえ、言葉を交わした相手にひどいこと言うよなとは思いますが、そうはいってもメグ・ライアンは自分にとって青春の光なわけです。

青春の光が出演するサスペンスドラマは傑作とは言いませんが、普通に面白い。Amazonなら199円、U-NEXTなら無料(※)ですから、見て後悔なんてしませんよ!

ただ、もう一つだけ、メグ・ライアン以外のツッコミを。

夫の誘拐をメグに知らせる近隣女性、「悪い知らせなのよ」と切迫した顔で言うのはいいのですが、着ている服はテントウムシのアップリケがたくさんついたデニムシャツ。

なんで?なんで?なんでこれを選んだのだろう。

みじめん
『プルーフ・オブ・ライフ』の衣裳担当が一番なぞ!

 

本記事は2020年4月のものです。動画配信状況はU-NEXTやAmazonで直接ご確認ください。

関連記事

31日間無料見放題(※一部除く)が嬉しくて、U-NEXTに登録しました。 少し前まで動画配信サービスはAmazonプライムで十分だと思っていたわけです。もとは映画ライターだった自分ですが、既に一生分の映画は見たからもういいじゃろ!くら[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!