注目キーワード

ギーギーうるさいドアを秒殺した「クレ556」に衝撃を受けた話

もはやタイトル通り。

扉の滑りが悪かったり、窓のしまりが悪かったり、鍵穴が硬くてうまく回せなかったり、そんな時には「KURE SUPER5‐56」。

今回はたったそれだけ、ツィッターでも済むような話なのですが。

The man
知っている人には今更の話

知らなかった私は本気で感動したわけです。

あとで周囲に聞けば「CMやってるし、普通は家に1本くらいあるんじゃないの」ってことらしいですが、この25年くらいテレビをたまにしか見ない私はそんなCM見たこともありません!

ここにネット中毒フリーランサーの闇があるような気がしますが、それはともあれ。
「クレ556」を知らない、あるいはそのスゴさをよくは知らない人々に向け、お送りします。

スポンサーリンク

「滑りが悪けりゃ、油差せ!」の油って何のことですか?

家のトイレの扉が、しばらく前からギーギーいうようになりました。
寝室近くにあるトイレゆえ、夜中に誰かがトイレに行ったら目が覚めてしまうような不快な音です。

ジェンダー論かまびすしい昨今に言うのもなんですが、「こういったものは夫の担当案件であろう」とうっすら感じていました。

その一方で、「世間の夫はともあれ、うちの夫に限っては絶対に直さない(直せない)に違いない。自分がなんとかしないとこのギーギー音は未来永劫続くであろう」ということもわかっていました。

The man
たてつけの悪さには油を差せ

確かに。
「滑りが悪いといえば、油を差す」、そうと相場は決まっています。ただ、告白しますとここでいう「油」がどの「油」を指すのか、つい最近まで知りませんでした。

サラダ油ではなさそうだな。ベビーオイルでもなさそうだ。ジッポオイルも違うよね??くらいの曖昧な知識しかない。

この生涯で一度も「油を差す」ような行為をしたことがなかったのです。(※今回、調べてみるとサラダ油で代用するというツワモノも少数ながらいるようですが)

ギーギー音なら「クレ556でしょ」

ともあれ。なんとかしなくては、調べなくてはと思いつつも1か月くらい放置していました。

The man
気になるギーギー音を1か月も放置

なんとでも言ってください。
私はだらしがないのです。すぐにやらなくてもいい家事は放置しがちなのです。切れた電球も3か月くらいそのままにしてたりね。もう、なんとでも。ああ、どうとでも。

The man
さっさと話を進めましょう

そうこうするうちに新展開です。ギーギー音問題をふと友人に漏らしたわけです。するとどうでしょう、その人、事も無げに言ったわけです。「ああ。クレ556でしょ」と。

まさにこれこそが私が40年近く謎に思っていた、例の「油」のようでした。Amazonレビューは絶賛ばかり。

というか、「今さらスゴさをいうものでもないけど」くらいの定番中の定番という位置づけらしく。世界中でただ一人、私一人がずっと知らなかったようなのです。

で、結論からいえば購入しました。ただし、上記にあるようにレギュラーではなくSUPERの方。

2つの違い?

違いなんてわかりません。今日知ったばかりの商品ですもの。レビューにあった「やっぱ、SUPERの方がいいや」みたいな書き込みを信じたまで。まぁ、値段が倍くらい違いますが、倍っても1000円でお釣りがくる値段。迷いはありませんでしたよ。

スポンサーリンク

差した瞬間、無音になった

で。
これをギーギー扉に差すわけですが。

「油を差す」の油がどの油かよくわからなかったように、どこに差すのかがよくわからない。

The man
蝶番に差しなさい

蝶番のどの部分に差すのかがよくわからないわけです。でも、そのどこから辺に超テキトーに噴射したところ。

次の瞬間、ギーギー音はあとかたもなく消え去りました。

あっさり過ぎて拍子抜けするほどです。クレ556、すごすぎます。

能書き通りとはいかない商品が多い中、まさに缶の裏面にある能書き通りです。

スーパー5-56は、厳しい条件下でも強力な性能を発揮する長期防錆・潤滑剤です。

The man
産業革命の申し子だけはある

いや、それは違うでしょう。自分が大英博物館出身のアイコンだからってテキトーなことは言わないように。発売元の呉工業株式会社の設立は1960年ですからね。

まったく動かない自転車の鍵に差してみたところ

ただね。
問題が一つ。私が買ったクレスーパー556、デカ過ぎます。435mlもあります。うちのドアはそこまでギーギーは言いませんって!生きている間にだって使いきれない分量と思われます。

缶の下にこんな絵もあります。日常的にクレーン車があるような人生を送るのでもない限り、大量消費はムリですって。

 

The man
鍵穴に差せば鍵の動きもスムーズになる

おお!鍵穴。

確かに。うちの自転車はもう半年くらい前から鍵が閉められなくなったわけです。なんというのか硬すぎてまったく回らない。

鍵壊して付け替えるにも、その自転車専用の鍵が必要とかで6000円くらい掛かると言われました。なので、最近はチェーン式の鍵で代用してきたわけです。

というわけで、さっそくトライ!

 

噴射して1秒後、何なら動く気配が。
こちらは正直、スルスルスムージーとまでは行きませんでした。が、力は必要ながら回るようにはなりました。ちゃんと鍵も閉められるように!

すごいぞ、クレ!とまでは言いませんが、まずまずの仕事ぶり。

スポンサーリンク

ちょこっと使いなら70mlの小サイズで十分

で、クレ556はギーギー音や鍵穴以外にも滑りの悪い窓だとか、充電の接触不良やサビ取り、シール剥がし、スーツケースの車輪などにも重宝するらしいです。

公式ホームページにもさまざまな活用法が。

一家に一本とは字義のごとく。ただ、それでも435mlはデカすぎでした。これから買う人は320ml(大サイズと100円くらいしか違いませんが)で十分。うち程度の用途なら70mlの小サイズでも十分かもしれません。

関連記事

健康管理のできるスマートウォッチにかねてから憧れを抱いておりました。 倒れたらウォッチが異常を感知して緊急通報してくれるとか、いい年代の人間にはお守り過ぎるにもほどがある。 そうやって人命救っているApple Watch[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!